まだトルコリラで消耗してるの?

現役塾講師 & 元臨床心理士です。ブログとYouTubeで情報発信してます。

トルコ中銀は政策金利を19.00%据え置き

トルコ中銀は政策金利を予想通りに19.00%に据え置いた。

 

トルコ中銀の声明

「インフレの恒常的な低下を求めている」

「価格の安定性の主要な目的を追求して、利用可能なすべての手段を使用し続ける」

「高水準のインフレ期待が引き続きインフレ見通しにリスクをもたらす」

「必要に応じて、追加の金融引き締めを行う」との文言を削除したほか、金融引き締めのスタンスについて「断固として」という文言も入れなかった。

この先、どこまで金融引き締め路線を継続できるかな?

 

とりあえず金利は引き続きインフレ率を上回る水準に設定されると思うけど、エルドアン大統領の利下げ圧力にどこまでトルコ中銀が対抗できるか分からないよね。

 

トルコ中銀の金融政策決定会合はどうなるかな?

アンカラ 12日 ロイター] - モルガン・スタンレーはリサーチノートで、トルコ中銀が今週、市場予想に反して利下げすれば通貨リラは15─20%下落する可能性があると指摘。 ロイター調査によると、エコノミストの大半は15日の中銀会合で政策金利が19%に据え置かれると予想。

 

ただ、アナリストらは総じて、利下げを求める政治的圧力に中銀はさらされていると指摘。新型コロナウイルス流行に伴う影響を考慮すればなおさらだ。

 

トルコのエルドアン大統領は先週、10%を下回る金利を目指すと表明。モルガン・スタンレーは、中銀が週内に利下げすれば「ドル/リラが9.50─10.00リラを付ける可能性を排除できない」と指摘。モルガン・スタンレーとしては金利据え置きを見込んでいると付け加えた。

 

0559GMT(日本時間午後2時59分)時点で、リラは1ドル=8.19リラ。9日終値(8.1580リラ)から下落している。

 

モルガン・スタンレーは一方で、今週の会合でタカ派的なガイダンスが示されればリラは7.75─8.00リラに上昇する可能性があると見る。モルガン・スタンレーは「政策継続シナリオでは、短期的にはリラの小幅高を見込むものの、中期的には8.60─8.90リラへの軟化を予想している」とし「あらゆる点から見て、年内は依然として政策据え置きを予想している。

 

利上げに対する政界の反対が利上げの公算を小さくしているほか、国際収支のポジションが利下げをあまりにリスキーにしている」と指摘した。

 

jp.reuters.com

 

 

トルコリラ / 円は13.40付近での値動きが続いているね。さて、4月15日のトルコ中銀の金融政策決定会合はどうなるかな?

 

トルコ中銀の新総裁、カブジュオールさんのもとでは初めてとなる会合では一応、マーケットの予想では現状の引き締め策がとりあえず維持されるとの見方が多いようだけど…どうなるかな?

 

エルドアン大統領の利下げ圧力を受けてカブジュオール総裁が、それでも引き締め策を継続できるかな?どうかかな?

 

まだ分からないよね~。

 

エルドアン大統領の利下げ圧力」

 

これがトルコリラの最大リスク。

 

もし利下げとなったら12円割れをトライする可能性もあるね。

 

ひとまず様子見が続いている

トルコリラ / 円は13.50を挟んだ展開が続いているね。

 

カブジュオール総裁が早期利下げ否定発言を繰り返しているけど、本当にエルドアン大統領の圧力に耐えられるかどうか、見極めたいムードが続いて膠着状態なのかな?

 

だけど、アーバル前トルコ中銀総裁がもし3月18日に政策金利を19.0%に引き上げなかったら、政策金利と3月の消費者物価上昇率との差は縮まって、実質的にほぼゼロ金利状態になるところだった。

 

アーバル前総裁の判断は正しかった訳だけど、正しい判断で政策金利を引き上げたら解任された訳で、そうなると、カブジュオール総裁がどこまで引き締め姿勢を維持できるか分からないよね。